HIKKOSUHERASU

家のおひっこしまでにへらしちゃうぞ!

ベビー服、ベビー用品を譲るメリット、譲る際の注意点

先人に学ぶべし、頼るべし。

過去記事にも書きましたが、我が家は赤ちゃん時代のものは新品でなくてもいいという考え。

 

hikkosuherasu.hatenablog.com

 それで経済は回るのか?という微妙な罪悪感もないではないのですが

 

hikkosuherasu.hatenablog.com

 赤ちゃん時代のものは、本当に、それぞれの赤ちゃんによって使えるか使えないかの差が激しいと思うので、全部お試し!という気持ちで中古からスタートした方がいいんじゃないかな、と思います。


知人に譲る、のいいところ

f:id:moyashisan:20180921075704p:plain

返ってくる可能性がある!

もし!もしも!次回自分がまた必要になったときに、中古で知らない人に売ってしまったら返して~とは言えませんが、

知人にだったらまだ残ってたらまた使いたいんだけど、といいやすいです。

少々難ありでも、お試しにいいかな?と譲りやすい

開封済みだとか、服にシミがついているだとか、使えるけど売ったりお金をもらったりするのはちょっと、という場合でも、お金をとらずに譲るならハードルは低いかと。

譲る方としてどうなの、という思われてしまうかもしれませんが、大雑把な性格なので私なら家で使うのにいいかーと譲ってもらいます。遅かれ早かれシミはつく。

 自分がうまく活用できなかったとしても、次の人が活用してくれる可能性がある

自分の赤ちゃんには合わなかったけれど、自分の生活スタイルには合わなかったけれど、お譲り先では活かしてもらえる可能性があります。自分の消費の罪悪感が減る。

 

知人に譲るとき(知人から譲られるとき)の注意点

誰に何を渡したか(譲られたか)記憶しておく

次回自分がまた使いたいと思ったとき、どの人に貸したんだっけ?とわからなくなってしまうかも。渡す前に写真を撮っておいたりするといいかと。(といいつつしていなかったけど)

あげた(もう絶対使わない)のか、貸した(また返してもらいたい)のかはっきりさせておく

これはそのあとの処分に関係します。譲り受けたものの、自分のところで着倒した、趣味じゃないな、と思いながらも、また戻さなければいけないのかどうかわかっていないと処分できず、ものが増えていく一方です。 

試供品などの消費期限をチェックしておく

 もらったけれど使わなかった試供品などをお譲りすることもあるかもしれませんが、肌につけるものなど、消費期限は確認してからお渡しした方が親切かと。

無理にすべてを譲らない

相手が必要ないと判断したものを押し付けないほうがいいと思うのと(しかし子育てグッズはその時にならないと何がその子に合うとか合わないとかわからないけど)

自分の思い出としてきれいに保管しておきたかったらそうした方がいいと思います。

(義母が主人が初めて履いた靴を今でも大事にとっているのですが、私はほぼ何もとっておいてないからちょっと罪悪感…)

保管の際、なるべく月例別、タイプ別に仕分けしておく

これ持ってってーと0か月から12か月までの服をごちゃ混ぜどーんと渡すと、相手に仕分けの時間と手間がかかります。

保管するときから、これは3か月くらいまで着た、とまとめてラベルを貼っておくとよいかも。

ミトンとか靴下とか細かいものもまとめて袋に入れておくといいかと。

 

譲られた際のお返しは?

譲られた量とか関係性にもよるかと思いますが、

一方的に譲られる場合は、

・子供用品が買える店の商品券(Kiddy Palaceとか)

・現金

・ちょっとしたお菓子などのプレゼント

を用意するようにしています。

あとは、相手の家の子がきられそうなうちのお古と交換とか…汗

 

商品券、現金は「いらないよー」と受け取ってもらえなかったこともあったので、お菓子とかの方がいいかも。

あと、「出産祝いみたいなものだと思って」といってくださることもあるので、そのまま受け取ったりもします。これはシンガポール人相手が多いかな。

 

 

これは日本で!一時帰国中に調達して居住国に持って帰りたいもの

減らしたい人が増やしたいもの


先日も書きましたが、夫が仕事(+遊び)で日本に行きます。私とこどもはこちらでお留守番。


それでこの機会に、いろいろ調達してきてもらおうと目論んでいます。f:id:moyashisan:20180916001159p:plain

減らしたい減らしたいといっていますが、必要でないもの、使っていないものに場所をとられているのが気に食わん!のです。

自分たちの生活にとって必要と感じるもの、生活が豊かになりそう、と思うものは増やしてもいいという考えです。

 

シンガポールで日本のものって入手しにくい?

私が住むのはシンガポール。この国に近年足を踏み入れたことのある人ならわかっていただけると思うのですが、
はっきり言って日本のもので手に入らないものはないんでないかい!?というほど、日本のものが充実しています。
日本発のお店をあげれば、UNIQLO、MUJI、DAISO、高島屋、伊勢丹、紀伊國屋、東急ハンズに今年に入ってだったかな?ドン・キホーテまで!
食べ物も大戸屋、吉野家、CoCo壱番屋などのチェーン店をはじめ、各種ラーメン店、スーパーマーケット。
はっきり言って日本の地元より店の種類が多く、日本にいたときの聞いたことのなかったお店もあったりして…。


日本各地のお店が淡路島と同じくらいの島に集約されているため、日本にいたときよりも日本の全国各地のお店にアクセスしやすい状況になっています。
だから本当に、お金さえ糸目をつけなければ、大体のものは手に入ってしまいます。
まあ、日本製品がなくても、現地の人は現地のもので生きていけるわけだからいいのですが心の潤いとかを考えるとたまにはね。

 

じゃあ日本で何買うの?

そうはいっても、やはりこちらで売っていないものもあります。それからもちろん日本で買ったほうが安いです。

 

食品

いつも買いまくります。ただ、お菓子の減りは早いものの、乾物などは案外ごはんを作る機会がなかったりして(どういう生活をしているのだ)思いの外消費スピードが遅く、賞味期限切れになってしまうこともあったりします。

賞味期限チェックは必須、また引っ越しまではもう少し我慢かなーとも思います。

普通のローカルのスーパーにも日本食品コーナーがあったり、日本食品スーパーもいくつかあります。

 

こどもの絵本、教材


誰かへのプレゼント用でない限り、うちで読む本は大体古本です。メルカリ、インターネットの古本、Bookoff等で調達します。
シンガポールでも、日本人会館の図書館(古本市)、ポプラ文庫、シンガポールお役立ちウェブのフリマ、carousellなど(このあたりはまた詳しく)で借りたり安く手に入れたりはできますが、入場制限があったり、立地が我が家からは不便であったり、なかなかチャンスがめぐってこなかったりということが私にとってのネックです。以前は2か所ほど古本屋さんもあったのですが、私の知る限りではもうないようです。涙。

 

Kindleで買えない本、Kindleでは買いたくない本

本を増やしたくないことやすぐに読めるというメリットから、普段は読みたい本はKindle(ほぼkindle unlimited)に頼っています。
それでも、各種教科書、レシピ本、こどもの書き込むタイプのドリルなどは実物の方が私には使いやすいです。
あとは付録狙いの雑誌とか。
余談ですが、以前主人の日本人の知人がシンガポールに来た際に、ほぼ面識のない私へのお土産にと付録付きの雑誌を用意してくださっていて、かなり嬉しかったです。シンガポールにもあるけど高くて買わないので。

 

化粧品、ヘアケア用品等

日本製品がたくさんあると言っても、全てのものがあるわけではもちろんないので、日本にしかないものは日本で。化粧品やヘアケア用品など、毎日使うものが減りやすく、結構まとめ買いをすることが多いです。

今使っているBIOLISSもうなくなるので、とりあえず詰め替え用を買ってきてもらう予定です。

本当は別に絶対日本製がいい!というわけでもなく、あまりこだわりがないのですが、ローカルのドラッグストアで買えるブランドのものを試すのがタイミングが合わないというかなんというか、日本のブランド戦略とかパッケージのかわいさに負けてしまうというか、日本のもの使っててそろそろ切れそうなときにまた日本に行く機会があるから続けて使ってみようか、とかそんな感じ。

 

ハンドメイドのもの

最近Creemaやミンネというアプリで、出品されているみなさんの器用さにびっくりしております。(といって、日本人だけが器用といいたいわけではないですよ、こういうアプリが他の国にあったらそういう人に出会う可能性は高まるから)

もともと必要と感じていたもので(お財布とか)、探してみてわーかわいすぎるーと胸のときめきが抑えられなくなったものは購入の可能性ありです(まだ自分用の購入には至ってませんが)。

 

便利グッズ

ヘアブラシの掃除ブラシがほしいなーと思って、アマゾンで探したら出てきたので購入予定です。
ピンポイントでほしい!と思ったものの、シンガポールでの探し方がわからないもの、探すのに労力がかかりそうなものは、アマゾンで大体探してしまって、この機会に。

 

カレンダー、手帳

日本の祝日が書いてあったり、柄がかわいいな、と思うものが多いので、アマゾンで注文したり、自分が現地にいる場合は実店舗で購入したり。
100均の手帳が可愛いという情報をよく見かけますが、代理購入をお願いする際は本人のセンスに任せたり、写真を撮ってもらって選んだりしています(面倒くさいオンナだな…)

 

年賀状の本

年賀状は出すべきだ!という主人の方針で、年賀状デザインの本も日本で購入。
シンガポールでもmeidi‐ya とかで注文できないことはありません。が、我が家は自分でデザインして業者にプリントをお願いするスタイルに落ち着きそうです。

 

などなど、順不同に挙げてみました。

 

注文の場合の宛先

一時帰国でずっと実家にいたら荷物はそこに集約できますが、ホテル宛、空港宛、にしたりすることもあります。空港宛はちょっとドキドキしますがね。
ホテル宛にする場合は宿泊日の数日前につくようにしたり、ホテル側に確認とったりするのが確実かと思います。あと、あんまり同じところにお願いするのも申し訳ないので、移動の順に、軽いものから重いものへ、別々のホテルに送付するようにしようかなと思っています(どんだけ注文するきなのでしょう)

 

今回はシンガポールのお店やサービス?などもちょこちょこ名称はだしたものの詳しくは書いていないので、またもう少し書けたらなーと思います。

救世主現る!サイズアウトのベビー服ビフォー

うちで幅をきかせているベビー服

f:id:moyashisan:20180911113437p:plain

子育て中のお母さん、みんな困ってるんじゃないだろうかと思うこと。

それはサイズアウトした子どもの服の管理です。

 

夫婦の考え方と子どもの服の入手元

こどもがいない頃、お店で見かける赤ちゃんの服などを見て、かわいいなーこんなの自分のこどもに着せてみたいなーと妄想しておりました。(今もするけど)

で、実際こどもができて、値段をよくよく見て、一枚でこれならこれからいくらかかるんだろう…とゾーっとしたことはありませんか。


私も主人も(赤ちゃんに可哀想という意見もあるかもしれないけれど)短期間しか使わないものにお金をかけなくていい、お古でよし。その分日本帰国の回数を増やしたほうがいい、という考えです。


ありがたいことに、もうベビー服は使わないだろう、すぐには必要ないだろう、という知人が数名いて、たくさんのベビー服やらベビーグッズを譲り受けることができました。

で、その後知人に下の子ができたのでうちにあったものをまた使っていただき、それからうちも下の子が、ということで再度譲り受けました。

知人長女我が家長男知人長男我が家次男 という流れ。


他にも、お祝いで頂いたり、初孫フィーバーの主人の家族がかってきてくれたりと、着替えに困らない数のベビー服が集まりました。

 

ベビー服、とっておく?処分する?

で、次に続く方がいないまま、うちにサイズアウトしたベビー服を保管したままでした。

ここで困るのが、このあとどうしよう、ということ。

1 我が家で次に使用する可能性があるかどうか、今の時点で本当に未知数。
2 保管には場所を取る。
3 処分するには惜しい。
4 セカンドハンドで売るほど新しくないし、手間をかけたくない。それにもしかしたら…1に戻る

 

そんなこんなで物置に押しやられ溜まっていくベビー服。うーんどうしよう…

 

救世主降臨!それは

と思っていたとき、救世主は現れました。

ある日、義妹が突然「ねぇ、新生児の服ってまだとっておいてある?」と。
私 「ある!あるよ、なんだ!?」
義妹「いやー、友達があと一月くらいで子供生まれるらしくて」
私 「あげる!あげるよ!いくらでも持ってって!」


ということで、救世主はコウノトリに乗って現在空から降下中!

やはりこども服の救世主はそれを来てくれるこどもなのでした。f:id:moyashisan:20180911113446p:plain
そして私はルンルン気分で物置の山の中からベビー服が入ってると思わしき袋を発掘にかかったのです。

主人の探し物もあったのですが、

 

hikkosuherasu.hatenablog.com

 どこかの塊のなかから、ズボン一本だけ…というなかなあ気の進まない探し物でした。

その点こちらは、塊にしてあるのをいくつかとりだし、すっきり爽快感味わえること間違いなし!だったので、やる気満々!

おかげさまで、3,4袋の塊と、夫のズボンも無事発見されたのでした。

 

ここからどれだけ使ってもらえるか?ビフォー

ビフォー

f:id:moyashisan:20180911113441j:plain

3,4袋あったものを仕分けて、上の方の大きい袋がまだ使えそうなもの、

下の塊(ぐちゃぐちゃで申し訳ない)が汚れがひどい生地が薄い生地がのびのび、などの理由で処分することにしたものです。

あと、うちは布おむつと紙おむつを併用しているので、一応布おむつカバーも。

 

このほかにもベビーグッズがたくさんあるので、リストにして義妹ちゃんに友達に何が必要か確認してもらうことにしました。

使ってもらえるといいなぁー

またもらってもらえたら報告できたら、と思います。

 

社会の一員として行動できているか?

私は今、社会の役に立てているか

前回から間が開いてしまいました。

こどもの体調不良のあと、スクールホリデーが始まり、お隣マレーシアに小旅行をしていましたが、

その間に日本では台風21号、北海道の地震と天災が続き、被害に遭われた方、復旧作業に関わっていらっしゃる方に、一刻も早く日常が戻ってきますように、と思わずにいられませんでした。

私は教師という職業しかしたことがないのですが、同じ年の社会人の方々が、まさしく復旧作業にあたったり影響を受けたりしているのだ、と思うと、感謝の気持ち、心強い気持ち、そして自分はそういうふうには貢献できないという少し情けない気持ちにもなりました。

今まではほとんど教科内容を教えることしか考えられていなかったけれど、復帰できた暁にはもう少しどういう風に社会に貢献できるか考えながら仕事できたらなぁと思います。

そして、今の仕事は子育て。大事な仕事。

でもこどもが毎日幸せならいいな、と目先のことしか考えられていません。

家族とこども、という小さい世界でしか見られていないといったらいいのか。

社会的な観点から、どういう風に子供を育てていったらいいのか、子育てでどういう風に社会貢献できるのか、ちょっと気に留めておきたいと思います。

 

経済って

「こういう時、楽しむのは不謹慎かもしれないけれど、せめて経済活動で支援をしよう」という言葉を他の方のブログで読みました。本当に、今現場にいない人間ができるのはそういうことだなぁと思います。

 

物を減らすということと、経済活動はつながっていると思うのですが、その点に関しては前から考えたいなと思っていました。

・中古品業界、メルカリなどの個人の中古品やり取り、は、社会の経済から見た観点ではどうなのか

・家にストックを置いておかないこと、はどうなのか

・海外で日本のものが売れることは、本当に日本経済全体に貢献しているのか(一部企業だけが儲かっておしまい?)

・無駄なものを買わない→「無駄」と思われるものを作っていた会社は買う人が少なくなったらどうなるのか

とかとか。

 

ニュースのヘッドラインとか、興味のある分野ぐらいしか読まないのでこの年齢として知識が欠落していて本当に恥ずかしいです。

でも、天災が続き、日本のいろいろなところが被害に遭い、こどもが大きくなったときの地球はどうなっているのだろう、と不安になり、自分の損得だけでなく、社会全体にとってよい選択をしていかないといけないなぁと少なからず思うようになりました。

(というと、=お金のかかる方を選択する、というように見えるらしく、「あなたお金持ちねー」と主人に言われたりするのですが、そういうことじゃないんですよっ)

 

少しずつ、意識しよう

思っているだけで、具体的に実行できていなかったり、知識を得たりしていないのですが、ちょっとこういうことを書き留めて置いたら意識が向くかな、と思い、そういう意味でつらつらと書いてみました。

いい年なのに中身がないという劣等感があるので、いい年として自信を持てるよう、 努力します。

片づけ下手の憂鬱

片づけ下手で、疲れ切っていませんか?

  

片づけが得意でないみなさん!

今日もあれどこやったーこれどこやったーと奔走してますか?いえ―!

片づけ下手を克服したい私は、今日も家の中を奔走しています、ではなく、

それすら面倒で重い腰がなかなか上がりません…

 

捜索せよ!との指令。

f:id:moyashisan:20180827150728p:plain 

夫が出張で日本に行きます。
仕事なんだけど、有休を追加して同僚としばらく日本滞在を楽しむご様子。

いいねいいねー私はこっちでお留守番だよ〜
(まだ現実味がないので妬んではいないが、その時が来たら毎日般若のような顔をしているかもしれない)

で、
あのミッキーの長ズボンどこかなあ?登山に使うから出しといて〜

ほんと、どこかなあ?笑 こんなとき、素敵妻ならすぐにさっと出せるのでしょうが、片づけ一年生の私にはやる気を出さないと取り掛かれない。

なぜそんなに大変に感じるのでしょうか。

 

同居、極小スペースの収納場所

私たちは4人で一部屋を使い、もちろんすべてのものが収まっていないわけですが、

私達のもので、普段使いでないものを収納している場所は


・自分たちのクローゼットの上部
・お義母さんのクローゼットの上部
・物置

・ベビーベッド下収納(過去記事↓参照)

hikkosuherasu.hatenablog.com

 

等に収納しています。普段使わないものを置くだけあって、どこもなにかと取り出しにくい。

ということで、ものを取り出す=探す=大変 という図式が頭の中に出来上がっています。

  

何を収納しているの?

普段使わないもの、とはなにか。ざーっと思いつく限り書いてみると。

・冬用の衣類

・思い出の品

・浴衣

・妊娠時の衣類

・子供のサイズアウトの服や、お下がりでもう少し大きくなってから着る予定の服

・赤ちゃん衛生用品などで、つかいきれなかったもの

・子供のおもちゃで使用時期が合わないもの

・赤ちゃん時代にしか使わなかったもの(バウンサーなど)

・普段使いしないかばん

・おしりふき、おむつのストック

などなど。

こう見ると、子どもに関するもの、多いなー。

取り出しにくいのはなぜ?

取り出しにくい、ということは、そこをクリアすれば取り出しやすくなる、ということかもしれない。ということで、なぜ取り出しにくいのか考えてみます。 

自分たちのクローゼットの上部

・高くて奥行きがあるので見えにくい
・真下までマットレスなので踏み台など乗せられない。

・こどもをマットレスで寝かせているとき、遊ばせているときは危険が及ぶので取れない。

・何を入れたか覚えていない(マスキングテープで中身を書いているものもあるけど、どこに貼られているかわからないので取り出してからでないとわからない。まず取り出すのがつらい)
・衣類などビニール袋に入れてぎゅっと縛ってポン

お義母さんのクローゼットの上部

・高くて奥行があるので見えにくい

・何を入れたか覚えていない

・お義母さんに確認してからでないと勝手に開けられないので、タイミングを見計らう必要がある

物置

・いろんな人の荷物が混在している

・パズルのように積み重なっているので取り出しにくい(アクロバティックさが要求される)

・何かの下や奥など、死角がたくさん

・スペース節約のため、空のスーツケースやリュックの中に荷物を入れているが、それで中身がわからなくなる
・中身のラベルが貼っていないか、向きが違ってラベルが見えない

・がさごそ大きな音が出やすいので、子供がいない時間帯などタイミングを見計らわないといけない

 

ベビーベッド下収納

・ベッド下にぎゅうぎゅうに収納ボックスを入れているため、取り出しにくい

・収納ボックスに中身のラベルを張っているものの、入れ替えなどをした際に更新し忘れ中身とマッチしていないことがある

 

そして、さらにどの収納場所に何を入れたかを覚えていないので、

もともと取り出しにくい上に、探し始めても思っていた場所になかったことがあり徒労に終わることが多い…もう全くもって自分のおばかーです。

 

取り出しにくさ脱出

こうしてみてみると、自分の力だけでどうにかなること と、 自分の力だけではどうにもならないこと があることがわかります。

書き出してみる前は、

自分のちからだけではどうにもならないことだらけだ!→同居で全てのものを自由におけないからだ―!と勝手に悲劇のヒーローぶってましたが、

自分の力でどうにかなることは工夫できますね。

・中に何が入っているかのラベルを張る(大きく、目立つように)

・ラベルが見えるように収納する

・どの収納場所になにを入れたかを別のノートに記載しておく(ものぐさの私にはこれはハードルちょっと高いけど)

・収納ボックスを揃えて、パズルにならないようにする

→これは新居で実践したいこと。今はクローゼット上などのサイズに合わせても、新居で使えなくなるかも、という理由で収納ボックスを購入していません。

 

新居に引っ越してからでないと実現が難しいこともいくつかありますが、少しずつこれらのことを習慣づけたいと思います。

 

結局ミッキーのズボンは見つかったのか

ということで、かなーり億劫で憂鬱だったミッキーパンツ探しだったのですが、あることがきっかけで重い腰があがり、思っても見ないところから無事みつかりました。

それについてはまた次の記事にでも書きたいと思います。

自己紹介

自己紹介、もうすこし

もう少しちゃんとした自己紹介を書こうかなーと思いながら、何を書けばいいのか。

今住んでいるところをだそうかどうか迷っていましたが、今後この国に住む人に参考になれば、と思うことも書いていくだろうから発表したいと思います。

私のこれまで

昭和の最後の方生まれ。出身は雪国です。

家族は夫(シンガポール人)、3歳の長男、もうすぐ1歳の次男。

高校時代を皮切りに、親の単身赴任について行ったり留学したり大学で一人ぐらししたりで、私だけで数えると引っ越しはかれこれ国内外合わせて10回近くしています。

夫とはシンガポールで仕事をしていた時に知人の紹介で出会い、今年で結婚5年目突入。

結婚後も仕事はパート勤めなどをしていましたが、現在はこどもの世話に追われています。本当は仕事復帰したいけど、色々と悶々としています。

 

現在の住まいと新居

現在は、夫の両親、妹、弟とシンガポールのHDBという公団住宅で同居しています。(多分間取りは3LDKといわれるもの)

今の同居は限定的なもので、(たしか)2015年に申し込んだ新築公団住宅への入居が、やっと来年2019年中にできそうです。

こちらも間取りは今と同じような感じですが、面積は狭くなります。

このあたり、はっきり確定ではなく、2019年下半期に家が出来上がるということになっているのですが、大概早く家が出来上がるらしく、その一方で内装工事などもあるので入居がいつになるかはまだ分かりません。

 

私と片づけ

このブログはものを減らすことについて書いていますが、

こどもの頃から母に「かたづけなさいー!!」と片づけのことだけ怒られ続け、

大学時代に地元の友人を一人暮らしの部屋に泊めた際に「炊飯器と教科書は同じ棚に入れたらあかんと思う・・・」と真面目にダメ出しをくらい、

付き合い始めた頃主人に本棚の上を指でさっとされて「…白いな」といわれるくらい

片づけ、掃除が苦手です。

あと、性格がものぐさ、大雑把、しかし微妙に負けず嫌いで面倒くさい感じ。

結婚が決まったころからか、サンキュなどの主婦雑誌の片づけ収納コーナーが気になり始め、今も汚部屋ブログとミニマリストブログをみるのが日課のようになっています。

しかしその成果はまだまだ実生活に反映されていないようです。

 

このブログで書きたいこと

引っ越しに備え、新しい家では本当に必要なものだけですっきり暮らしたい、

ならば引っ越す際にいらないものは持っていきたくない!という思いで、

ものを減らすことを中心に、

あとは時々シンガポールの暮らしとか、海外同居についてとか、HDBへの引っ越しについてとか、新居をどんな風にしたいかとか、とかとかいうことについて書いていきたいなーと思っています。

人のものほどよく目につく 夫クローゼットビフォーアフター

続・ひとのものを片づける

前回、お風呂場の掃除で夫の洗顔系のものを3本も処分したという話をしましたが、

 

hikkosuherasu.hatenablog.com

今回も夫の持ち物の整理の話です。

 

人のものを処分するということ 

お家整理をしている人のブログを見ていると、家族のものが目について捨てたくなる、という人がたくさんいるようです。(私も漏れずにその一人)

確かこんまりさんにお片付けを手伝ってもらう、というテレビ番組の中でも、奥さんの方はバンバン捨てるのに躊躇ないのに、捨てすぎる奥さんと、それを手助けする?こんまりさんに旦那様がついていけなくなった、というシーンがあったような気がします。

 

「まだ使えるのにもったいない」

「いつか使うかもしれない」

「誰かに譲れる」

という言う声に対して、断捨離スイッチの入っている方は

「使えるっていうけど実際使っていませんでしたよね?」

「要らないものを置いておくスペースがもったいないのでは?」

「人にあげるって、その人に処分の責任転嫁してるだけでは?」

とやり込めたくなってしまう、その場ですぐに物の処分を決めたくなってしまう。

もちろん全員が全員そういうわけではないでしょうが、私の場合は、断捨離スイッチが入っていると、つい家族に攻撃モードになってしまっているな、と感じます。

それで、夫の下着とか古くなっている気がして、買い置きの新しいのにしたら?とか箪笥の容量より多くない?とか言って勝手に減らそうとして、夫の反感をかってしまったことが過去何度かありました。

住みやすくするために片づけをしているのに、住む人を、住む人との関係を大事にしなかったら本末転倒。

何度か夫に嫌な思いをさせたり、他の人のブログを見たりするうちに、勝手に自分の基準を押し付けたらいけないな、と思うようになりました。私の中で片づけや要らないものを処分することは善かもしれないけれど、家族にとっては必ずしもそうではないかもしれないから。

 

夫のクローゼットの中にあった「これ、いりますか」

なーんて殊勝なことを思ってましたが。

夫のクローゼットに洗濯物を片づけていたら、ふと、仕事用のスーツズボンで見慣れないものを発見。見慣れない、というか、夫が履いているところを見かけないズボンです。しかも結構きれいな感じ。

純粋な気持ちでそのズボンを持って夫のところに行きました。

「あのー、これって履いてる?」

「あ、履いてない。捨てていい。」

えっ!!あっさり!

しかも同じタイプのズボンが4本、他にも確認したら履かないというものが3本出て来て、なーんとなんと計7本さよならすることになりました。わークローゼットすっきり!

 

男はなぜ服を処分する気になったのか その理由3つ

私からみると、まだまだ履けそうなきれいなズボン。穴の開きそうなステテコを履き続けている夫がなぜそのズボンはいらないとあっさり言い切ったのでしょう。

・サイズが合わない

お腹周り、順調に蓄えてます。

・型が古くて趣味じゃない

実はこのズボンはお義父さんからのお下がりだった。お義父さんがはかなくなった理由もやはりお腹周り…むにゃむにゃ

・実際に履いていなかった

 実際3本くらいで履きまわしているんじゃないかな?

 

逆に、穴の開きそうなステテコを履き続けている理由は、

・履き心地がよい

・替えの数が必要(プールに入ったり洗濯が間に合わなかったりするので)

ということだそうです。履き心地か、なるほどなぁ。

 

その後、クローゼットでさらに発見したのは

 

さらにクローゼットをもう一度見ていると、ありました、使ってなさそうなもの。

夫は仕事でたまーにしかネクタイを使わないんですが、その割にネクタイが10本ほどあります。でもいつも使うのは5,6本で、それは別の袋にまとめてありました。

ということで、残りの5本、手を付けられていなかった。

その中には、新婚間もなく私が誕生日プレゼントにあげたものもあったのですが、開封すらされていなかったので確認すると、

「えへへ、ちょっと趣味じゃない」

ということで、もう5本処分してくださいとのこと…。いいんだよ、正直でいいよ。

ということで、今後勝手に彼の衣類は買わないようにしようと改めて思ったのでした。

 

スーツのズボンの処分方法

今回、職場の同僚の方の息子さんとかが、学校でプレゼンテーションとかする時にスーツのズボンが必要かもしれない、ということで、もらってもらえないか調べてみる、ということでした。

学生さんがスーツズボンって普通もってないし、年に数回しか履く機会があるかどうかわからないのに、わざわざ買うのももったいないしね。なおこの国は暑いので、スーツジャケットまでは(学生のプレゼンテーションでは)必要ないようです。

ちなみにネクタイの方は、プレゼンテーション向けではない、とのことで、シミが付いたものは処分、他の4本はリサイクルショップに持っていこうと思います。

なお、一瞬実家の父が仕事で履かないかなと思って連絡してみたのですが、乗り気ではあったもののサイズの問題でやはりアウトでした。

 

今回さようならしたもの

ということで、夫のクローゼットなので写真は控えますが、

・スーツズボン7本

・ネクタイ5本

を処理することができました。夫氏、万歳!

さて、しかし問題は人のクローゼットではなく私のクローゼットなのだ。

過去数回少しずつ整理はしているものの、手ごわいのは目に見えている。

ビフォー写真載せるものためらわれます、ほんとに。

いつ取り掛かろうか…